« 妊婦さんのためのカラー、パーマ | メイン | カラーのためのヘアケア »

2011年3月 3日 (木)

妊婦さんのためのパーマ

前回のブログ「妊婦さんのためのカラー、パーマ」 のつづきというか、

妊婦さんのためのパーマに関してですが、

ベルジュバンスや、その進化系のペーアッシュの弱酸性パーマ

でしたら安心してかけられます。
  
  
  
  
ただ、通常のパーマと違い、途中20分程仰向けに横にならなければ

いけないので、臨月間近のお腹の大きな状況では、

つらくなる方がいらっしゃるかもしれません。

  
  
  
  
出産入院中は髪を結んで過ごしたいという方には、

パーマがかかっている方が、まとまり易いですよね。
  
  
  
  
縮毛矯正パーマ、ストレートパーマを普段かけていらっしゃる方、

くせが強くて、かけないとまとまらない、という方も大丈夫です。

ベルジュバンスにもペーアッシュにも傷まないストレートパーマがあります。
 
癖毛の伸び率、質感的にはどちらかというと、

ベルジュバンスの進化系ペーアッシュの方がオススメです。
  
  
  
  
ベルジュバンスとペーアッシュに関しては、数年前に分裂騒ぎがあって、

なんだかややこしい、内輪の話になるので、

ご質問が多くなれば、今度詳しく書きたいと思います。
  
  
  
 

通常のパーマに比べると、どうしてもパーマ液が弱くなってしまうので、

強烈な縮毛に対しての伸び率は、80%~90%となってしまいますが、

独特の質感とツヤ感は、やみつきになります。
  
  
  
  
このストレートパーマをかけ続けている方は、

「普通の美容室の縮毛矯正は、どんどん毛が傷んで、

くせが強くなって、肌がピリピリして・・・・・・・・・・、

でもここのストレートパーマは、

傷まないし、臭くないし、毛が太くなった感じで、

だんだんかけなくても大丈夫になってくる。」
  
とおっしゃって頂いております。
  
 
 
  
  
  
九州の福岡や香港など、かなり遠方からわざわざ飛行機で

当店のストレートをかけにいらっしゃる方もいるんです。 

妊婦さんではないですが・・・・。
  
  
  
  
  
  
美容業界の中では、かなり特殊なカテゴリーになりますが、

妊婦さんでも安心して出来るパーマ、カラーはあります。
  
  
  
  
  
もともと「お客様にも美容師にも安全なパーマ液を」 という目標のもと、

「ベルジュバンス」の研究が始まったきっかけというのは、

毎日カラー剤とパーマ液を触る美容師の

「手荒れ、肌荒れがひどかったから」 というだけではなく、

職業別にみても美容師は、

「とても流産する確立が高い」 というデータが、当時出たらしいんです。
  
  
  
 
「立ち仕事」だからだろう・・・・、と片付けるには、同じ「立ち仕事」の

他の職種(スチュワーデスさん、飲食店のホール接客など)に比べても

圧倒的だったらしいんです。
  
  
  
  
美容師だった私の母も3回の流産を経験しています。
  
  
  
  
  
そして現在、通常の一般的な傷むパーマ液もカラー剤も、

種類はとても多種多様になりましたが、基本的には当時から

何十年と有効成分、毒性は変わっていません。

 
  
  
  
妊娠中は、ストレスや神経質になるのは

一番いけない事ですが、

「やってもいいのかなぁ?」 と迷っているのなら、

「どうしてもやらなくてはならない」 という状況でないのなら、

「やらない」 もしくは 「少しでも安心の物を選ぶ」 が

いいのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
そうそう、書き忘れてましたが

妊娠中の無茶なカラー、パーマは

出産後半年ぐらいまでの深刻な「産後脱毛」にも影響する!!

と、当店では考えています。
  
  
  
  
  
  
  

 
 
  
 
 
 
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/261836/22344626

この記事へのトラックバック一覧です 妊婦さんのためのパーマ

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。